排水処理システムを導入することによってBOD(生物化学的酸素要求量)、 COD(化学的酸素要求量)SS(浮遊物質量)、
n-Hex(ノルマルヘキサン抽出物質含有量)などに効果が見れます。

※可能性のある原因での、排水数値(処理前〜処理後)の変化。
オイラップと浮上油回収装置に関しては、浮上油のみ回収する装置ですので、数値の変化はあまり無い状態と考えられます。

1次処理の凝集沈澱装置に関しては、全体的な数値が変化するものと考えられます。
2次処理の汚泥脱水機に関しては、凝集汚泥を固める装置なので、数値に変化はありません。
同じく2次処理の生物処理装置に関しては、主にBOD・n-Hexの数値変化とCOD・SSにも数値変化が考えられます。
3次処理になる濾過吸着装置に関しては、主にSS装置の変化が大きく、その他のBOD・COD・SSの数値にも変化があると考えられます。



バイオ処理システムの効果(K-I-G開支店様)へ
バイオ処理システムの効果(M-F-B概支店様)へ
ニューストピックス
  • 第33回オートサービスショー2013
  • 平成25年7/5(金)〜7/7(日)
  • 東京ビックサイト(東京国際展示場)東5・6ホール出展いたしました。多数の皆様のご来場に御礼申し上げます!
保全油機コラム
お問い合わせ